目次ページ作成しました。目次ページへ

2013年02月27日

ボランティアの日本語教室つづき

妻がボランティアの日本語学校に通うようになってから約1ヶ月が経ちました。
現在は、土曜日の午前の部で1時間30分、午後の部で1時間30分と木曜日に別の日本語教室で1時間30分習っています。

いずれもボランティアです。

最初は、土曜日の午後の部だけでしたが、もう少し上のクラスの授業も受けた方がいいと先生から勧められ、午前のクラスにも通うようになり、その後、教室で知り合った知人の勧めで、木曜日の別の教室にも通うようになりました。

教室には、インド人、イタリア人、中国人など多国籍さまざまな人たちが習いに来ていて、凄く楽しいそうです。

これまでは、英語を勉強するのは好きだけど、日本語は難しいし、あまり好きじゃないと言いいながら勉強していた妻ですが、楽しそうに通う姿を見て一安心です。
posted by ぽんた at 00:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

ホーチミンの「正月」旧暦?新暦?

今年も、「テト」「tết」 の時期になりましたね。

今年2013年は、2月10日(日)が、旧の元旦だったでしょうか。

ベトナムの正月は、旧正月がメインで、「テト」が近づくと、街のいたるところに電飾などが施され、街全体がお祭りムードに包まれます。
(クリスマスからの飾りつけが、そのまま残っているようなのも見受けられますが・・・)

今回、私は日本にいるので、この雰囲気は味あえません。

と言っても、

私の場合は、例年、妻の実家に行って、(お年玉用の袋と小銭をたくさん用意して)「テト」を過ごしていたのでホーチミンなどの街中の雰囲気は、「テトの前後」しか知りません

例年と違ったのは去年くらいですかね〜。

ですが去年も、ブログの中にもありますが、妻と「香港」に、行っていたので、この時もまた、ホーチミンの「テト」は味わっていません。

私は、ホーチミンでの「正月」と言えば、旧暦の(テト)よりも、新暦(太陽歴)の正月のことをよく思い出します。

新暦の「正月」も妻の実家に行くことが多かったのですが、3年前の新暦1月1日に結婚式を挙げたこともありますが、去年の正月に、職場の仲間と、12月31日の夜に、ホーチミンの日本食店で忘年会をした後、1月1日の0:00からサイゴン川で揚がる花火をホテルから見ようという話になり、行ったのをよく覚えています。

12月31日の仕事が終わった後、ホーチミンまでタクシーで向かい、ホテルをチェックインした後、予約している日本食店に向かいました。
予約した日本食店は、ホテルから一番近いところで、歩いて数分。料理は、そんなに美味しくなかったと思いますが、「正月」「お酒」「職場の仲間が揃っている」ということで、料理はさておき、私的には、ものすごく楽しかったのを覚えています。

日本食店からホテルの帰りは、聞いていた通り、花火を見に来た人だかりで、ものすごい人ごみになっていました。
花火が見たくて集まった人の波で凄いことになっています。

通常5分もあればたどり着く道のりに、一体どのくらいかかったでしょうか、1時間?
すみません。私は案の定「ベロベロ」だったのでよく覚えていません。
ただ、
ベロベロに酔っていても覚えているくらいものすごい人混みでした。

花火が打ち上がる前に、無事ホテルに到着。

部屋に帰って、数人で花火の見れる部屋で一緒に花火の見物。(数名は別行動)

私のホテルからは、花火が見れない位置にありました。
全員リバービューの部屋を予約したのですが、同じリバービューの部屋で、同じ川を眺めることはできても、窓口が違う方向を向いているので見れません。(事前に確認しておかないといけませんね。いい勉強になりました。)
今回は、団体で予約して、見ることのできる部屋があったので問題なかったですが、もしなかったら大変ですね。

結構酔っていたので、あまり花火も見ていませんが、それでも大切です。

花火打ち上げ

日本の祭りなどで揚げられる花火を想像していたので、凄く時間が短かった印象がありますが、ベトナムであまり花火をみれることがないので、それども強く印象に残っています。(酔っていたのに?)

花火を見ると、なぜかテンションが少し上がってしまいますよね。

花火が終わり、自分の部屋に戻った後、朝、目が覚めると、ジーンズ姿のままソファーで寝てしまっていました。
せっかく高いホテル予約したのに、まさか、ソファーで寝てしまうなんて!

横に目をやると、妻が気持ち良さそうにベッドで寝ていました。

私が寝る前に、ホテルの部屋からホテル前の道路を撮った写真です。


Photo0058.jpg




メイン道路側ではありませんが、もの凄い人混みです。
(この時は、ソファーで寝るとは思っていませんでした。)


泊まったホテルです。
9195_1210201303007820981_STD.jpg







※ベトナム語「テト」
「旧歴正月」、「新暦正月」

ブログ内でも書いていますが、私のベトナム語の発音は、悪いのでなかなか通じません。
旧暦正月:「tết」「テト」「テッ」:通じません

そんな時は、下を使って伝えています。

旧正月:「tết ta」「テッター」:結構通じます

ちなみに、
新暦正月は、「tết Tây 」「テッタイ」

このカタカナ表記を発音して簡単に通じることはないですが、「テッ」を連呼して分からなくてっも「テッター」「テッタイ」を連呼するほうが伝わりやすい?かも?
posted by ぽんた at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

無料の日本語学校

最近になって、やっとやる気になって日本語を毎日勉強する妻ですが、家での勉強では集中力が続かないようです。
近くの日本語学校にでも通わせてやりたいところですが、一般の日本語学校に通うとなると、そこそこ授業料もいるので、私の安月給では厳しいものがあります。

ということで、近くの「ボランティア」の日本語学校をネット上で検索してみました。

結構出てきます。

ひょっとして一般の日本語学校よりも多いくらいじゃないでしょうか?

私の住んでいる近くにもたくさんありました。

授業料は、無料のところから、高くても月に1,000円程度(教材費は別)。
授業回数は、何処も1週間に1回程度ですが、この金額なら掛け持ちでも通えます。

妻に通ってみるか聞いてみると。

よろこんで2つ返事でOK。

家から一番近い場所の学校を教えると、自分から電話して問い合せていました。

授業は、毎週土曜日の2時間。(6ヶ月で1,000円)です。
早速昨日から通い始めました。

私は英語を習いたいです。
「ボランティア」ないかなぁ〜・・・
posted by ぽんた at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

アルバイトと制限時間

ものすご〜く久しぶりのブログ更新になってしまいました。
5ヶ月ぶり位でしょうか?

ブログ設立時の週2回の更新目標、まったく達成できず・・・

日本に戻ってきてから半年以上経ちますが、あまり変わりのない日々が続いおります。
ここ数年ベトナムでいたので、日本の冬の寒さにめげそうになっております。
(もちろん妻のほうも)

話は変わりますが、今回の正月、妻の弟が正月休みで2,3日遊びに来ていました。
実は、妻の弟は、一昨年の4月から留学で日本にきていて日本語学校に通いながらアルバイトをしています。

さすがに、2年近く経っていて、学校とアルバイトで、かなり日本語は、うまくなっていましたねー。
妻とは、かなりの差がついてしまっています。

学校に通いながら自分で、アルバイトをして生活しているんですから、よくやっていると思います。

日本人と違って、アルバイト時間の制限があるので生活は「いっぱい」「いっぱい」みたいですね。

外国人留学生のアルバイトについて・・・

弟の在留資格は、在留資格が「留学」もしくは「就学」になるはずですが、アルバイトをするには「資格外活動の許可」が必要になり、この許可を入国管理局に申請して許可が出れば、アルバイトをすることができるのですが、留学などの資格だと労働できる制限時間が決まっていて、一週間で28時間以内、(夏季休暇中で1日8時間以内)となっています。

時給800円で計算すると800円×28時間×4週間=89,600円

「いっぱい」「いっぱい」なのが分かります。

日本に行けばアルバイトをして月に1,500USDや2,500USDの収入が得られると思い込んでいる親御さんもいるようですが、実際はそんなに甘くありません。


ANさんに、この前送って頂いた花咲ガニの写真です。


20121019194434.jpg


20121019200305.jpg
初めての花咲、美味しくいただきました。
posted by ぽんた at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

在留期間更新_結果

以前にハガキで届いた在留期間更新結果、盆休みに入ってから、妻と一緒に入国管理局に行く予定でしたが、「せっかくの休みに、入国管理局に行くのはもったいないから、私が一人で行ってくる」と妻が言うので、一昨日、一人で行ってもらうことにしました。

途中で迷わないか少し不安でしたが、申請の時に、一度一緒に行ってるし、行き先までの経路を説明しておけばなんとかなるかと思い決断。

入管へ向かったその日の昼間、「途中で分からなくなった妻から、電話がかかってきました」
違った方向へは行っていなかったので、電話で説明してそのまま向かってもらうことに・・・

1時間程たった後、気になったのでこちらから電話してみると、既に到着していましたが、人数が多く、待ち時間が3時間程度と言われたといっていました。
「妻の持っている番号札は、500番第、現在呼び出されているのは200番第だそうです」
「待っている空いだに電話でNETに繋ぎすぎたせいか、電源が切れそうとのこと」
もし何かあったら、公衆電話から電話するように伝えて電話を切りました。

仕事が終わり、時間をみると、先ほどの電話から4時間近くたっていました。
そろそろ帰ってくる頃かなと思い妻に電話をしてみると、まだつながりません。

連絡を待っていても仕方ないので、とりあえず家路に向かいかえることに・・・

車で走っていると、携帯から呼び出し音が・・・
見ると「公衆電話」と表示されていました。

電話に出ると、妻からでした。「電車が分からなくなって帰れない。」
今、何処の駅にいるか分かる?と聞くと

妻から「OKAYAMA!!」
私の耳では「岡山???」
まさか岡山??いやそんな訳ないよな・・・
私:「OKAYAMAの前か後ろに何かついてない? 〜〜OKAYAMAとかOKAYAMA〜〜とか」
妻:「何もついてない。OKAYAMA」
私:「何線か分かる?何処かに書いてない??」
妻:「RINKAI LINE」「MEGURO LINE」
私:「他に何処か行き先とか書いてない?」
妻:NIKOTAMAGAWA、EBARA、MEGURO
私:「とりあえず目黒まで行ってもう一回電話・・・
「プーッツ プーッツ プーッツ 」

おそらく、関東に長く在住されている方なら、すぐに「ピン」ときたと思いますが、私は関西出身で、関東在住はごくわずか、恥ずかしながら全く分かりませんでした。

そのあと電話は、かかってこなかったので、私は、家の近くまで帰ってきた後、心配だったので、そのまま家からの最寄駅までいくと、駅前の駐輪場に妻の自転車が置いてあるのを発見。そのまま車の中でしばらく待つことにしました。

30分程すると、駅から妻が出てきました。
「やれやれ です。」

家に帰って聞いてみると、駅にいた人に聞いて帰って来れたそうです。
親切に、路線図にボールペン書きしたものと、妻に分かるように英語とローマ字で書いたメモを渡してくれていました。

この時にはじめて、「岡山」ではなく「大岡山」だということが分かりました。

肝心の在留期間の結果は・・・

残念ながら、またまた1年でした。
「VISA所得後、ほとんど日本で生活していないので仕方ないですね」

外国人登録カードの方は、パンチで穴を開けられ新しく在留カードが発行されました。
以前は、入管で在留期間更新後、居住地の市区町村で外国人登録カードの在留期間を更新する必要がありましたが、これからは、入管で在留カードの記載も更新されるので市区町村の役所に行く手間と経費がなくなりました。

次は1年後です。
良い意味で、1年後は、今と違った報告をしたいですね。














posted by ぽんた at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。